2017/05

<< May 2017 | 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>


LATEST ENTRIES

 

CATEGORIES

 

ARCHIVES

 

RECENT COMMENT

 

LINKS

 

ADMIN

 

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • pookmark


休止連絡

ブログに書いている暇がないぐらい人生が目まぐるしく変化してきたので、
しばらくお休みします。

悪しからず。

私と連絡取れる人は個人的に突っ込んでください。


農薬対策

我が家のエコをちらっと紹介。
中田ヒデのようにダイナミックな活動はできませんが、それでもやらないよりはね。


実家は重曹マニアで、食器洗いからトイレ掃除風呂掃除とすべて重曹を使っているのですが、私は野菜洗いにも使っています。農薬落としに有効だそうで。こちらでは野菜洗い用の洗剤等売られていますが私には重曹が一番お手軽かなと思われます。
大きいお鍋に水張って野菜入れて重曹大さじ3杯ほどいれてつけておくだけ。
もともとケーキの膨らし粉などに使われるものなのであとで水洗いしなくてもOK、そのまま切って鍋に入れちゃったり。
青島カルフールでは輸入の製菓品コーナーにおいてあったアメリカの老舗A&Mの重曹は上海では掃除コーナーに陳列されています。このあたり都市による知識の違い大きく出てますね。

1箱8元ほどのお手軽価格だし、自然成分なので排水問題もクリア。優秀です。
黄色い箱は掃除&シミ落とし専用だそうで今回はじめて購入してみました。
また報告いたしやす。


こちらは今回帰国中にたまたま知ったびわこふきん。
料理家の有本葉子さんが紹介していて、洗剤を使わずに湯とふきんだけで洗いものができるという。まだ日本でも知られてないみたいでインターネットでの購入もずいぶんアナログ方式でした。
試しに手を油まみれにしてこのふきんとお湯でごしごししてみるときれいに落ちて、
こちらも優秀。
だから日本から上海戻ってからはキッチンから一度も泡を流してないのですよ。これってけっこうすごいことだと思う。


最近思うのはエコは消去法だということ。
使わなくていいものもらわなくていいものをなるべく省くこと。
自然成分に戻す洗剤やらを高いお金出して買うよりはふきんだけで洗えるほうがシンプルだと思ったし、レジ袋がいらないときはエコバッグ持って行く。うちで必要なときもあるのでそれは普通にもらいます。ウェットティッシュを持ち歩くよりはおしぼりにしようと娘にキティちゃんおしぼりセットを買ってみたり。スタバはもちろんタンブラー使用で。
ボディシャンプーやめて無添加石鹸。植物系のシャンプー等々。
そうして浮いたお金で値がはっても安心食材を買うってコトで。

決してストイックにならない程度にご利用は程ほどに、ですが。
そうするとなんとなく前向きになれますね。



読書三昧

日本に帰省中に夫がメールをしてきました。
「本はできるだけ買わないで」

上海で出版社に勤める義姉が日本の本を大量にくれたのだという。
50冊ほど。
でもね。
私特に本の虫ってわけじゃないし、
そこに本があるから読むのではなく、読みたい本があるから読むのよね。
日本で読みたい本見つけて、「あ〜でも上海のうちに本いっぱいあるからやめとこう」とうまくはいきません。だから結局は欲しい本は入手したのですが。

上海に戻って、いったいどんな本があるのか楽しみにしてました。

見事に今まで読んだことのないジャンルだらけで。
ある意味興味津々。

例えば、
「知的な男はモテる」
「3分でオーラが出る、紳士編」
「人生を無駄にしない小さな習慣」

とか。自分磨き本、特に男性向けのものは買ってまで読まないし、興味深い。
傑作ではないけど時々拾えるものがあります。

ダイエットや美容関係の本も多く、「半落ち」などの流行り本もちらほら。
女性向けの小説もあります。表紙を見て開くことはないだろうなって本も多々。


どうぞお気軽に我が家の蔵書を借りに来てください。
上海では貴重ですからね。




上海生活

上海に戻ってきてしまいました。

今後テレビを見ない生活がはじまるので来週からの娘の幼稚園復帰に伴って、
・・・・・めっちゃブログ更新します。

私にとっては中国での食中毒よりもタチが悪い、
「日本帰りたい病」
到着した昨日から発症。早っ。
もはや慢性。そして治りにくい。


それから上海の部屋寒っ。広ければいいってもんじゃないですね。
暖房全開でもコートいります。
日本式ではないお風呂で娘は「寒い」と嘆くし。

1ヶ月半の日本ではいろいろいろいろありましたが、
ここに戻ってきているってことは今しばらく上海の生活を続行せねばならないのです。

ブログによって自らのモチベーションを高める術、
今後もやります。

気になるのは留守中も夫のお世話等々お願いしていたお手伝いさんが、
自分好みにお部屋をコーディネートしてる。

汚れるからとリビングのホットカーペットを押入れにしまい、
しかも季節代わりのようにちゃんと紐でしばってある。
キッチンでは洗い物を置くキャビネットをシンク下の棚の奥のほうにしまって、キッチンをいやにすっきりさせてる。いやいやきれいだけどね、実用性ないじゃん?
さては妻子の不在をのびのびする愛人か? 笑


さて、しばらくは日本ネタと主婦ネタで怒涛のアップしようかな。

上海在住のお友達、
ぜひぜひ遊びに来てください。or誘ってください。



母娘画画

やべ〜、楽しい。
塗り絵にはまる。
サクラクレパスって懐かしい。



娘はちょうど色を覚え、塗り絵の要領を理解し始めたころ。
うまく塗れなかったりすると娘に対してやや熱くなってしまう母。
調子にのって自分も塗り絵に夢中になり邪魔されると本気で怒る母。
それに逆切れして荒れる娘。

しまいには
「もう!知らない!」←母。
「フンッ」とそっぽをむく←娘。

かなりハードな美術の時間なんですけど。


即効切替

25日夜に家中のクリスマスグッズを片付けました。
上海で片付け一番乗りの自信あります。
百貨店の初売りセールで店員さんサンタの格好しているような街ですから。



お正月モード。
なんていう名前の木だろう?黄色い花が咲くんです。
蕾がぎっしりのを狙って買ってきました。



こっちも、ツリーに飾ってた松ぼっくりをお正月風に。
水引きのごとく白い毛糸と赤の刺繍糸。

ギラギラした街に疲れてシンプルな飾りを好みます。

早く日本に帰りてえ。


体質改善

日本でのカラータイツの豊富さに興奮し、
120デニールがこんなにすっきりはけるなんて…と感動するも、
ミニをはくことは自分が思っていた以上に勇気がいることだと今さら気付きました。
もうだめですかね?悲。

さて、
上海という汚れた街で生活するようになったのと、仕事でエコを意識するようになったのとで、とりわけ自分の身と家族の身に関わるものにとても敏感になりました。

玄米を取り入れてマクロビのはしくれに仲間入りしようとしているのもそのせいで、
食材の買い物は読めないなりに食品の成分表示は気にしています。
食品については改めて書くとして、

化粧品について、
ようやくナチュラルコスメへの移行が完了しつつあります。
色味のあるものはまだまだなのですが。



免税店にて購入。ロクシタンのスターターセット。
ハンドクリームは以前から気に入っていたのですが。
ロクシタンはこの業界の老舗中の老舗です。箱には目が見えない人を配慮した点字印刷までしてあります。
他にもジュリークfromオーストラリアの化粧水を買いました。
こうなるとシャネルやディオールがものすごく毒々しく見えるから不思議。

ナチュラルコスメを購入すること自体が環境を配慮した社会活動をしているのだと主張できるという声もあります。
努力している企業をなくさないためにも消費者としては買うことしかできないし、少々高くてもそれが例えば「動物実験反対」に募金をしているのだと思えばね。

日本ブランドにも無添加化粧品たくさんありますよね。
それでも外国ものがたまらないと感じるのはなんといってもリッチな香りじゃないのかな。
ものすごく気分がよくなるし肌によい気がする。
あとはかっこつけもありますが。。。

中国ではまだまだナチュラルコスメの概念は低そうですが、
先日行ったロクシタンの路面店は混み混みだったし、
久光なんかちょっとずつ売り場増えてきてますよね。


聖誕装飾

食材の買い物でレジ並んでたらね、
着ていたコートをね、
「自分めっっっちゃかわいいやんそのコート。好みやわぁ!」
って風に巨大リアクションで絶賛されたんですよ、欧米人の奥さまに。
彼女はジーンズに赤いトレーナー。
横にいたご主人(也)ジーンズに赤いトレーナー。
「それカーペンターズやん。」とは言えなかったけど、
はてそんな彼女に気に入られた私のコート大丈夫かな。



明日から劇的に寒くなるそうで、
気分はもう。。。★☆☆
行ってしまいました♪虹井路の花市場にクリスマス狩りへ。

モミの木ってよくよく見ると本物の木はかわいくないよね。
どれもボリュームが少なく松に見える。
ってことで結局フェイクツリーを購入。
小さいほうから数えて2番目のサイズ。
しかも運よく市場内のすべてのツリーの値段を比べて来た人と同じ時間帯にこの店に入り、一番質がよくて安いと言ってた。ラッキー。
家で飾るとだいぶデカイ。180センチだもの。三角形の大・大人が一人増えたと思えばそりゃ圧迫感ありますよね。

この市場は飾りつけパーツがいろいろな店でバラで売られているので、
迷いながら買うのが相当楽しい。
ホント相当楽しいんだってば。
欧米人の皆さんは毎年こういうワクワクがあるんですね。
前に「このオーナメントは特別な想いいれがあるの」っツリーに大事に飾ってる映画の1シーン見て、そうかぁひとつひとつこだわって買ってるんだぁと思ってたんですよ。
なのでバラものをひとつずつ選んでみました。
オーナメントの大人買い、日本だと高いんだろうなぁ。

まずは全体の色調を考える。
赤もブルーも使わないことに決定。
テーマ「極力ナチュラルクリスマス」
白・クリスタル・気持ちゴールドの色合いで。

こだわりはふんだんにつかった松ぼっくりたち↓


上品かなぁとガラスっぽいオーナメントをまとめ買い。
ライティングの具合でいい感じに透けます、雪の結晶かわいくね?↓


子供もいるからかわいらしさも必要↓
モダンなプラスティックのオーナメント。これ珍しいです。もうすぐ売り切れ。


電飾はシンプルに単色で。ライスライティングというそうで。米粒ってこと?↓



ツリーって思いっきりセンス出ちゃうものなんですね。
中国だからこそ価格ビバ☆5000円以内★成功!

そしてツリー含めた大量の荷物抱えて、チャリタク(5元で走る自転車タクシー)に乗り込んで帰宅する私。そのギャップがたくましい。
もう1回ぐらいは行くよ〜。
クリスマス食器がそろってたからねぇ。





按摩通院

産後から続いている長年の腰痛(というよりは尻痛)を治そうと保健中心なる按摩通いをはじめました。
保健中心とは病院とマッサージ屋の中間だと思います。

はじめに日本人看護士(助産師さんでもある)が問診をして合うだろうと思われる中医の先生を選んでくれます。かなり詳しい問診でした。
ここは普通の足つぼなどのマッサージや漢方エステなどもしているところで治療が入るマッサージとなると少し割高になってしまうのですが、それでも病院と違って気持ちよく治してもらえるらしいのでしばらく続けてみることに。
「男性と女性の先生どちらがいいですか?」と聞かれたので「女性で」と答えたのですが
なんのことはないいざはじまってみると、お尻むき出しの揉み解し。そりゃ女性患者には選択肢持たせないほうがいいんでないの???

痛みの患部の揉み解しを予想していたのですが、そうではなく全身くまなくソフトタッチのマッサージでした。
で、背骨の○番と○番の間隔がおかしいから治した、骨盤のゆがみを元に戻した、左耳後ろにあったしこりをなくした(言われるまで気づいてなかった)と盛りだくさん。
おまけに「最近頭痛で悩んでない?」と頭のマッサージをされているときに聞かれました。ちょうどその前日から原因不明の頭痛に苦しんでいたとこだったのでびっくり。それも治してもらいました。
肝心のお尻は中医的に言うと「気の流れが止まっている」とのことで長年の痛みからバランスを崩しおそらく脂肪が溜まっているとかで何度か按摩を受けることで治るそう。
うつぶせに寝るとお尻の高さが違うらしいんです、私。

陳先生、なかなかいい治療してくれました。

で話を聞いているうちに思ったのが、最近はじめた↓

日本でいつまでたっても大流行ですよね、私もわざわざ日本からの旅行者にお願いして持ってきてもらったのですが、この造顔マッサージという方法、中医的には筋が通ったやり方だな、と思いました。
陳先生に出会う数日前にこの造顔マッサージをはじめていたので、あまりにも手つきやマッサージの方向が同じだったのでびっくりしました。

造顔マッサージは確かにやる前と後で顔色(血行)やクマ・むくみ、フェイスライン、わずかながら変化がある、と私は思ってます。夫は気のせいだ、自己満足だと主張しますが。
でも私が毎日続けているもんで、さらに自分の顔の大きさを気にしているので(←私のしつこい罵りによって)、夫ついに昨日からはじめました。妻ハンドによってね。
私も気合を入れすぎたので今朝起きると夫の頬が酔っ払いのように赤くなっててそのまま通勤しました。ハハ。

造顔マッサージの本(DVD付き)これまたお貸ししますよ〜。


試飲試飲


カルフール地下にて今日の夕方のみワインフェアが催されるということで、
ちょうど古北方面に用事があったので時間を合わせて行ってみました。
いつもは駐車場なのに今日はレッドカーペットで店員、お客がうじゃうじゃ。
JAZZの生演奏ステージ、
ワインは試飲し放題、チーズやキッシュなどオードブルまで無料で。
この写真カルフールとは思えませんね。

私ワインは好きだけどまったく詳しくなく、ぶっちゃけなんでもいいって感じなのですが、
この日のために仕込まれた?英語でワインのうんちくをたれる中国人男性スタッフに運よくつかまり、かなり詳しい説明と怒涛の試飲サービスを受けて3本お買い上げ。
本当は1本のつもりだったんですけどね。
でも周りは見事に箱買いしまくってましたしまあ3本ぐらいいっかってことで。
他にも荷物があったので限界の力で家まで帰りましたよ。



今週末は第2回在宅イタリアンかな。



(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved. 
designed by ホームページ制作 Tip3's │無料WEB素材 --Design-Warehouse--