2017/07

<< July 2017 | 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>


LATEST ENTRIES

 

CATEGORIES

 

ARCHIVES

 

RECENT COMMENT

 

LINKS

 

ADMIN

 

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • pookmark


記憶記録

女子サッカーのワールドカップが9月に上海で。
チケット売り出してるしちょっと観にいきたい。でもそこまで気が進まないのは、私にとってサッカー鑑賞の楽しさとは男性選手を眺めることも含まれているから?

以前夫が「『さあ会議をはじめます』ってときに一番はじめにペンと紙を机に用意するのは日本人なんだよねー。」と言ったことがあるのを覚えています。それ以外の国の人は抑えときたいポイントがあったときにはじめて出すのだとか。
日本人、用意周到な国民ですね。会議や授業をはじめるときにあらかじめ用意しておかないとそれは準備をしてないことになると教えられましたよね、小学生のときから、社会人になっても。

最近の私は外歩いているときでも仕事のことを考えて「あ、これ覚えとかなきゃ」とメモりたい衝動に駆られます。頭で覚えとこうと思ったことはたいてい忘れます。
頭で覚えておくことは、脳にとってもとてもいいことのように思うし、そのほうがいいのかもしれません。中国人の暗記力の強さを目の当たりにすると自分がいかに書くこと=勉強したつもりになってきたかを思い知らされます。

だけどやっぱりメモを取ることが必須とされるのは几帳面な日本人の「念には念を」確実性をあらわしたものだと思います。
東京にいたときに興味があって参加した佐々木かをりさんのセミナーではメモをとることを推奨していました。
その理由は、覚えておこうと脳にとどめることが自由に思考するスペースを狭くするから、とのことでした。メモに残した瞬間脳は違うことを考えるスペースを100%確保できる。これなるほどじゃないですか?

まあ実際のところ、人間は自分の脳を3分の1も使いこなしてないというので、メモしなくともなんとかなるはずなんですけどね。




スポンサーサイト

 


comment

 すごーい!いつでもメモできるように紙とペンを持ち歩くなんて。大雑把な私にはできないことです。そうですよねー。思考のためのスペースとして脳にゆとりをつくることが大事なんですねー。

 そういえば私ウイグルの小学校に少し通っていたのですが、みんなあまりノートをとってなかったような気がします。先生も黒板に書くこと少なかったし。漢族の小学校には行ってないんですけど、もしかしたら中国では日本みたいにノートとらないのかもしれませんね。

  • あるふぁ子
  • 2007/08/23 10:44 PM

中国式勉強方法ってメインは暗記ですよね。
大学に通っていたとき先生が必ず「本文暗記してくるように」って言うんです。
これって日本人にはきつくないですか?
暗記をすることで文章をインプットするかわりに発音まで気がまわらなくなります。

  • ★あるふぁ子さま
  • 2007/08/24 9:26 AM

昨日単語覚えるときにどうしてる?いい方法を教えてあげると先生。
とにかく見てイメージを頭に焼き付ける。と。
そうすれば寝る前とかに思い出して復習できるでしょって。
中国人の暗記方を垣間見たよ。
一番いい方法だって言ってたけど難しくない?

佐々木かをりさんって手帳術の人だよね?
その影響でメモをいろんな紙に書いたり、書きっぱなしにすることが減ったかも。
私も出かけるときはペンは必需品!
困るほど自分の記憶は当てにならん。
その時点で記憶力に問題ありだけど、自由に思考するスペースっていう発想があったか〜!

  • toco
  • 2007/08/24 10:49 AM









trackback


(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved. 
designed by ホームページ制作 Tip3's │無料WEB素材 --Design-Warehouse--