2017/04

<< April 2017 | 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>


LATEST ENTRIES

 

CATEGORIES

 

ARCHIVES

 

RECENT COMMENT

 

LINKS

 

ADMIN

 

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • pookmark


揚州帰省

連休を利用して揚州に帰省してきました。
帰省といいつつ私は完全に旅行気分なんですがね。
揚州というのは上海の北西に位置します、江蘇省に属し今回は省港である南京にも1泊することに。
上海から揚州までは列車を利用します。特急列車のようなもので座席は硬座と軟座に別れます。字のごとくプラスチックの硬くて狭い直角にしか座れず対面で座る人とひざがぶつかり合う席と新幹線みたいなクッションカバーの席。
座り心地は問題ないのですが、列車の旅5時間。きつい。

写真は上海駅の待合室。
軟座を予約している人は革のソファーでゆったり待ちます。グランドピアノなんかも置いてあって。硬座の人は別のエリアでベンチor立ち待ち。とことん差をつけたいのでしょうか、ちょっとびっくりしました。軟座の待合室の電光掲示板は中国語&日本語表示(英語なし)でしたが日本人なんて見かけませんでしたよ。

5時間かけて3度目の揚州につくと夜の8時半。
タクシーはすでに無法地帯と化し、メーターなし、すべて2組〜3組の相乗りで運ちゃんとの交渉でお値段が決まります。

義祖父(94歳)は少し体調が悪かったものの親族のみなさんお元気。
訪問3回目なのにはじめて会う人がたくさんいました。
夫に「お義父さんって兄弟何人だっけ?」と聞くたびに「さあ、6人かな?」といいつつ毎回数えなおします、今回も数えなおし結局6人かな・・・のまま終わったのでおそらく6人でしょう。
誰と誰が夫婦でとか、誰と誰が兄弟でとか、誰と誰が親子で、従兄弟で・・・こちらの人はあまり考えずにまとめて「親戚」としてお付き合いしているようです。

揚州弁、相変わらずまったく聞き取れません。普通語はたまに聞き取れますが、夫は自分の話に夢中になるタイプで、親族の中でも一番しゃべるタイプなので、夫しか話相手のいない私はいつもいつも取り残されるわけですが、それにももう慣れました。
つまりは言葉の通じてない私を気にしないことにも夫は慣れたのでしょう。話を邪魔しない程度にたまに「何の話?」と聞いてみるともんのすごく面倒くさそうにささーっと訳してくれます。それを聞きなおそうものなら今度は怒り口調。なんで?久しぶりの水入らずなので嫁として我慢できる範囲なのですがね。もうちょっと気にしてくれても・・・。

だんだん盛り上がって「春節(2月)もまたおいでよ」という誘いに即答でOKなんて返してる姿を見てると、私の意向も聞かずに即答するぐらいなら私なしで行けばいいんじゃない?って気になりました。正直、今会っている人たちに数ヶ月語にまた会うぐらいなら1年に1回も会えない日本に点在している親戚や友達に会わせてよって思いました。
あの場にいたから余計にそう思いましたね。そう思うでしょう?

でもまあ揚州の親戚の皆さんは本当に仲がよく暖かいので、訪れるたびに家族とは、親戚とはと考えさせられます。
あっという間でしたが仕事を忘れリラックスできた2日間でした。


写真は祖父の家の様子。
日本にいる息子(夫の父)が買ってあげたマンションで、1階と2階の2戸を購入し改装して2階建て仕様にしています。
1メートルほどあるランプや虎?の今どき毛皮の敷物、数々の中国古典家具や数え切れないほどの石たち(翡翠など)はすべて息子(夫の父)の趣味でそのコレクション量から2階はミュージアムと化しています。



中秋晩会

はるか昔は国際結婚したら親戚付き合いがあんまりやっかいじゃないのがいいと思っていたんですよね。
ところが蓋を開けてみると・・・多っ。

夫の両親は離婚していて、それぞれに再婚。
実母は夫が高校生のときに病気で亡くなっています。
実父は日本在住、再婚相手は日本人。
ということで夫側の親戚は、
日本の義母の親族、(いまだ面識がない)
上海の実母の親族、(富裕族が含まれる)
上海の実母の再婚相手の親族、(本日はじめて対面)
揚州にいる実父の親族。(年に1度の訪問、長老の祖父がいる)

ほらね、多いでしょう?普通の4倍だって。

特に上海の実母の再婚相手の親族なんて、
再婚相手(2番目のお父さん)の(実母のあとの)再婚相手とも仲良くしていて、
今日は中秋の宴ということで食事会に招待されたのです。
中秋の宴という名目で2番目のお父さんのお父さん(つまり夫にとって3番目のおじいさん)が病気を告げられ明日から入院するのでそのために親族が集まったのです。

すごく不思議。
夫からしたら今日集まったメンバーの中に誰一人と血族はいないのです。
だって2番目のお父さんの親族だもん。
それに実母の再婚相手のそのあとの再婚相手の女性との仲なんて普通だったらお互い微妙なはず。
その女性からしたら夫の前の奥さんの息子。
夫はお母さんが亡くなって、2番目のお父さんが再婚してから、日本留学したので、ほぼ全員がそれ以来会ってなくて久々の対面となったのです。

そんな複雑な関係なのに(ここまでちゃんとついてきてもらってますかね?)
いざ行ってみると、とても和やか。
輪の中にちゃんと夫のポジションがあって、だから私も娘も受け入れられてとても心地よいものでした。

中国の親戚付き合いは日本と比べてとても濃く、戸惑いがいっぱいなのですが
(特にうちはみんな離れていて付き合い薄いほうだと思うし)
けれどもとっても暖かさを感じます。

日本だと月見の日だからといってわざわざ親族集まりませんよね。
枝豆食べて、丸いもの食べて、月餅食べて、家族でワイワイ騒ぐ。
賑やかに伝統に重んじた楽しい夜でした。


母子休息

朝起きると娘が熱を出していたので今日は幼稚園をお休みし、私も会社を休みました。



午前中は38度後半の高熱が続きましたが水分とってたっぷり寝ると熱は37度代前半に下がりすっかり元気。ベッドの上で上機嫌な今日の写真です。

最近の娘の成長は著しく、
ドラえもんの恐竜映画で恐竜のPちゃんと別れるシーンでのびたくんと一緒に悲しくて涙を流したり、
頭をついてのでんぐり返しができたり、
ソファーに座って足を組んだり腕を組んだり・・・
小さい体なのに一日一日いろいろなことができるようになります。

幼稚園に入るときも初日から泣かなかったし、お手伝いさんにもすぐになついたし、聞き分けのいいよい子ちゃんでとても助かっているのですが、
私が家にいればつねにベッタリです。
まだ2歳児だということを忘れちゃいけないなーと思いました。

多分私の最近の口癖なんだろう「あ〜つかれた」っていうのが娘の口癖にもなってしまっていてことあるごとに言ってます。階段上ったあととかちゃんと使い方合ってるし。

やりたいことややらなければいけないことがたくさんある中で最優先するのはまだまだ娘との時間であるべきですね。




偽日本人

体重計に乗ったら7キロアップ!!!
体重計から降りたら針が7キロ進んでました。アナログなもので。ホッ。
ちなみに上海に来てから体重が緩やかに減少傾向。
あまり丈夫ではない腸に感謝♪

先日ファミリーでお寿司を食べに行ったときのこと、
「いらっしゃいませ〜」と威勢よく迎えられて最後まで片言日本語で接客されました。
こういうことよくあって、それをすごくもどかしいと思うのに、夫はいつも日本語で通すので「なんで???」と聞いてみました。だってお互い中国語で話せば大いに時間短縮できるのに。

日本語完璧な自分を試したいとか日本人として通せるか試したいとか、それぐらいの動機かと思っていたんですよね。
お友達のご主人(中国人)は日本人として見られるのが嬉しい。日本のファッションとか意識するって言ってたし。

夫の答えは実に単純明快でした。



「いいサービスを受けたいから。」


なぁるほど!!!!!
ナイスアンサー!!!!!!
長く不思議に思っていたなぞが解けました。

日本人として扱われたほうが、サービス精神ゼロなこの国で、まだましなサービスを
提供してもらえるのですね。

ああすっきりしたー。


子供対策

「小倉智昭ムカデにかまれる」ってトピックのヤフー記事、くだらねーとか思いながらついつい開いて見てしまいました。

昼に幼稚園の見学に行ってきました。
新会社の近くにある幼稚園がモンテッソーリ幼児教育を取り入れているということで前から気になっていて、会社の近くだとなにかあったときに駆けつけられるし便利だなと思っていたのですが(今の幼稚園は家から会社と逆方向)、ここの幼稚園はウチ近辺まで通園バスが出ていないということで迷う余地もなく諦めました。
なので今の幼稚園継続です。

そしてここの部屋を借りたときの仲介不動産やさんに、いいアイさん(お手伝いさん)いないかと聞いてみたところ、信頼できる知り合いの奥さんを紹介してくれるそうで、面接をして感じがよかったら決めようと思います。
幼稚園に入ったらアイさんはいらないと思っていましたが、私の仕事がはじまるとさすがに4時半のお迎えに間に合うように会社から戻るのは不可能なので、毎日平日の夕方数時間勤務、私の代わりにバス到着のお迎えをしてくれて、私が帰宅して夕飯の支度が終わるぐらいまで子守り、それプラスお掃除を頼もうと思っています。
私のキャパから考えると、張り切ってなんでもかんでもやろうとすると中途半端になって発狂してしまう可能性大なので、お手伝いさんという制度が整った国でよかったなーと思います。



蒲鉾板付

あんなに華麗な舞を披露しておきながら、実は娘、肺炎でした。
咳がひどいなぁと思ってはいたのですが、こちらの有名な咳止めシロップ飲ませてたんだけど、まさかのまさか。

夫と共に近くの赤十字病院に連れていったのですが、問診後に肺のレントゲン撮って肺炎のため1週間入院と診断。
入院?こんなに元気なのに大げさじゃないかと思って追求したら、じゃあ点滴するから通えとのこと。その方法があるなら簡単に入院なんて言わないでよ。
で今日で点滴通い3日目です。

でもね、こんなに元気。
たまに咳き込む以外は何不自由なく元気にしております。気分がのれば踊るし。


なぜにこんなに笑顔なのでしょう。腕はしっかり蒲鉾板のようなもので固定されています。

仕事の忙しい夫には申し訳ないと思いつつ、毎日抜け出して付き添ってもらっています。
言葉の問題もそうだし、外国人なんてめったにいないところに母子二人で通うのはあまりにも心細くて。

それにしても総合病院レベルでこれか、と気が滅入ってしまいます。
「外国で暮らしていて一番つらいのは病気をしたときだ」と皆さん言いますが、基本的に日本にいても医者いらずな私はあまり身にしみたことがなかったんですよね。
でもね、日本の病院を標準として育ってきた私には慣れませんね。
「臭い」「汚い」「混みすぎ」「(ベッド)硬い」「気が滅入る」の5Kですよ、私には。
特に小児科臭い。病院独特の薬品の臭いに上回り尿の臭い。
そりゃあそのはず、親がゴミ箱の上から子供におしっこさせたり、病室で出そうになったらベッドから下ろして床にさせたり。

駐在家族ではないから保険ないんですよね、うち。
きれいな日系病院に通えばお値段3〜5倍ぐらいするでしょうし、一般病院でも外地人なので医療費もそれなりに。

はぁ、病気はしないに限りますが、次回は病院ランクアップしたいです。


華麗足踏

前回のムービーが好評だったので。

娘は寝室のテレビを見ながらベッドをステージに見立てるのがお気に入りのようで。
オレンジ×イエローの太陽みたいな眩しすぎる衣服は気にしないでください。

このステップ、よくもつれないなぁと思います。



ちょっと男前じゃないですか、この足裁き。


凛々跳舞

「花より男子」のDVDを見て娘がすっかり嵐を気に入ってしまったようで。
もともとジャニーズ系の若い男は好きだったようですが、
今日はノリノリでした。

you tube デビューしてみました。
カメラのメモリの関係であっちゅうまに終わるけど。


家族団欒


土曜日の午前、夫を会社へ送り出した後娘の幼稚園もお休みなので母娘はぱじゃまのままでまったりごろごろ。
気がつけば12時、義父から電話。「ご飯まだでしょう?一緒に食べよう、1時間後にお兄さん(義兄)と行くから!」
*義父は日本から出張で中国に来ており今朝上海入りしています。
えっおとうさままじですか?お食事は夜のはずでは???
どうやら孫と遊びたくて仕事をなにもかも早めに終わらせたらしい。

超スピードで母娘お出かけモードにチェーンジ!
案の定「1時間後」より早めに到着。
「あれ、ご飯作ってないの?手料理食べれるかと期待してたのに・・・」
えっおとうさま、それって冗談ですか?本音ですか???
「じゃあ外で食べるとするか」と近くの飯店へ。
おとうさま、孫の心をつかもうとおしぼりでねずみを作ろうと必死。
店員まで呼んでねずみの作り方を尋ねている。
(が、義兄が「いいよ、気にしないで行っちゃって」と捕まった店員にジェスチャー)
ちょっとうざめな客ですよね?お茶目なおとうさま♪

食後、義兄は用事で去る。お父さん・娘・私で小区内の公園でしばらく遊ぶ。
やがて夫帰宅。娘が昼寝したので役者の義兄が出演している公開前のドラマをみんなで鑑賞。
なんかね、大女優さん主演の「チャングム」みたいな「大奥」みたいないわゆる壮大な大河ドラマっぽいやつで9月に公開。それに出てるんですよ義兄が!何役かよくわからないんですがけっこう出てるんです←となんとも抽象的な宣伝

夕方、義兄が奥さんを連れてやってきて、みんなで近くの飯店でご飯。
しばし家族団らん。娘の愛嬌で場が和みます。
ここでもやっぱりみんなでおしぼりでねずみを作ることに必死になる。
中国外食文化においておしぼりdeねずみは欠かせないものですか?
そういや昔独身時代夫におしぼりでねずみを作られえらく得意げになられたことあったな…。
見事winnerお姉さんがねずみを完成させる。
肝心の娘は興味なさげでしたがね。

食後、義父は兄の車で宿泊先ホテルへ。明日日本へ帰国。
実は中国で義父に会うのははじめてで、よってこのメンバーでの食事もはじめてでした。
なかなか楽しい集いでしたよ。

収穫:揚州からの手作りちまき
気づき:昼・夜連ちゃん中華な食事はウッってなります。

写真は関係ないけどよく見ると赤ちゃん埋まってますよ。


通園開始



な・なんと本日からこんな早朝から4時半まで自由の身に!

たった今娘を幼稚園に通わせるべく通園バスに乗せてきました。
この小区から他にも台湾人の子が通園しているということでバスは門の前で待機しててくれます。

予定時刻7時40分の5分前行動で待機。やはり日本人ですからね。
っていうか今日は本当に眠れなかった。今日のバスに乗せるときのことを想像して5回以上は目を覚ましました。ようやく朝がきたーって思って起きたら5時だったし。
緊張しているのは断然娘より母のほうでした。

バスに乗せるときに娘が泣いて「ママー、ママー」「いや、行かない!」「降りるー」
それを見て私「大丈夫よ、がんばれー」「お友達いっぱいいるからねー」と言いながら涙ぐむ私。

ってなふうなことを想像してました、私。

ところが実際は。。。。。。。。。。。。。

先生に抱っこされてバスに乗るやいなや私に手を振ってきやがった!!
すでに日本人の子が乗っていて台湾人の子がくるまでまだ5分以上あり、別れの儀式の時間は十分にあるのに…余裕な顔でバイバイしてる!!!

なんてオトナ。

話は昨日の夕食時に遡り、夫と「私が幼稚園のとき、5歳で転入したんだけど初日お母さんが私をおいていくのいやで号泣してわめいたのはっきり覚えてるのよね」なんて話をしていて二人でちらっと娘を見たとき、

ヤツはにやっと笑い、
肩肘ついて「アタシ ダイジョブ ダイジョブヨ」って言ったのです!
「ダイジョブ ひとりで行くから」って。

取り越し苦労でしたね。
うちの娘はタフだった。

午後から幼稚園まで支払いに行くので様子を見るのが楽しみです。

さて、今から予定を立てればその通りに進む生活がはじまるぞー。

(写真は娘お気に入りの筋トレポーズです)



(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved. 
designed by ホームページ制作 Tip3's │無料WEB素材 --Design-Warehouse--