2017/12

<< December 2017 | 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>


LATEST ENTRIES

 

CATEGORIES

 

ARCHIVES

 

RECENT COMMENT

 

LINKS

 

ADMIN

 

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • pookmark


羊肉宴会



知人宅にてジンギスカンパーティ、女四人(母・妹・娘・私)でおしかけました。
地元の知人はグルメさんが多く、よく宴に招待してもらうのですがこの日は北海道からお取り寄せしたタレに漬け込んである羊肉をさらに野菜をすりおろしたもので漬け込んだというものを目の前で焼いてたらふくいただきました。

親の知人なので参加者はおじさん率が高めですが、この日は15人ほどでおそらく6kgほどのお肉をたいらげたことになると思います。となるとひとり400グラム?そんなはずはないか…?

中国でも羊肉は安く手に入るのでタレを研究してジンギスカン鍋を手に入れれば自宅でも楽しめるかななんて考えてみたり。
でも上海だったら日本で食べるのと同じような味のお店きっとありそうですね。


十年愛婚

高校時代の同級生同士がこのたびめでたくゴールイン。
なんと10年以上にも及ぶ交際です。互いが一途に思い続けた結果ですよね、ここまで来るのにいろいろあったのでしょうが、やっぱりすごいです。来ていた同級生のみんながそう言ってました。
久々に再会した高校時代の彼とも「もしかしたら私たちもそうなっていかたも…」「いやそれはないよね…」とやっぱり二人には脱帽。当時何事も継続することが苦手だった私には考えられないことです。

美男美女の新郎新婦と同窓会並の同窓生の出席率で2次会も3次会も大盛り上がりでした。
意外なことにたくさんの女性出席者の中で既婚者は私含めて3人。子持ちは私のみ。妊婦さん1人。私ってばずば抜けて早婚だったようです。この高校の女性はしっかり働くタイプが多いみたいでみんながやけに瑞々しく見えました。
ただね、ママであろうが気持ちだけは青春時代が蘇り、「あ、変わらずカッコいいな」とかしばしのときめきもあり、なんていうか甘酸っぱい気持ちになりましたね。

連休の真ん中だったのでどんたくにも遭遇し楽しい博多の夜を過ごすことができました。
他にも新婚さんの友との1年ぶりの再会とか、彼氏をはじめて実家に連れてきた友と会ったり、たくさんの「懐かしい」を満喫できました。


新夢工房


家族で温泉の帰りに寄ったお店です。
わたしがまだ小さかった頃から知っている両親の知人夫婦が引越ししてリニューアルしたお店「夢工房」
大分県日田市の自然豊かな場所に位置し、なんと内装とお庭はぜーんぶ手づくり!
古い家屋を自分たちで改装されてこのかわいさなのです♪
メルヘンチックな洗面台やウッドフロアにガラスの飾り棚を作ったり。とにかく手が込んでいます。
本業は木工作家さんで流木や石などを使ってオブジェを製作されています。お店では世界中から集めた雑貨も販売していて、カフェも併設しているというとにかく素敵な場所でした。

移転後はじめて、ずいぶん久しぶりにお邪魔したわけですが、特に木製のお人形なんか、かわいい〜!家にほしい〜!と思ってしまいました。
今までとりわけ私好みと思っていなかったのに(といっては失礼ですが)、ママになったからか歳をとったからか好みって変わるものですね。
さすがに大きい木の人形なんて上海に持って行くには効率が悪すぎるので買うには至らず。

次の帰国の際には必ずまた遊びに行こうと思います。


甘味放題


法事のため、全国の親戚などから続々と甘いものが届きました♪(♪は余計ですね)
4ヶ月という長期日本滞在のため体重は増加傾向にありますが出国までには元に戻すつもりでいます。
一番の敗因は断乳したのに変わらず食べ続けていることにあると思われます。
一回の授乳で500カロリーが赤ちゃんに取られるらしいですよ。母乳って最高のダイエットですね。

今日いただいたのは卵プリン。
これどう見ても卵じゃん!卵の殻にプリン入れて固めてます。
プリン自体は普通の味、でも苦めの大人味カラメルソースとの相性によってちょい珍しい味でした。

同じ中華料理でも、上海料理は得意中の得意なので(食べることです、作ることじゃなくて)更なる増加とならないよう要注意です。


和洋今昔



うちの店に知り合いがアメリカ人のお客さんを連れてきていました。アメリカで、日本の古布を使ってシャツなどを作るデザイナーさんだそう。

30分も経たないうちにあれやこれやと奇抜な色やデザインの布を選び出し、ほとんど値段も気にせずにカードで大人買い。すごい・・・・・。
選ぶ柄もやはり日本人とは少し違っていて、the伝統って感じの柄だったり、いっぱいいっぱい大柄のものだったり。

アンティークの着物の柄を見ていると、現代とはかけ離れた派手さであったり色の組み合わせであったり、好きなものは限られてしまいますがそれでもその時代を知らないので、斬新だなーと気に入ってしまう柄がけっこうあります。
そして意味もなくこういうふうに写真に撮ってみたりします。

こういうのを自分でいくつもパネルにしてみて部屋に飾るのもかわいいよなーなんて。
まぁそれなりにマッチするお部屋があればの話なんですけど。

古布ならいくらでもあるので、なにか新しいものを作り出してみようと何度かトライしましたが、未だ成功したためしがありません。
いつかは完成させたいです。



(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved. 
designed by ホームページ制作 Tip3's │無料WEB素材 --Design-Warehouse--